賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

キッチンをプチリフォームして料理を楽しくする方法

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
キッチン

賃貸住宅によって家具などが備え付けられている物件がありますが、それが自分に使いやすいかどうかというのは実際に使ってみないとわからないものです。特に棚などが備え付けられていることが多いキッチンでは、実際に使ってみると、収納スペースが少なく、使い勝手が悪いといった利便性に問題があったり、殺風景で料理をするのが楽しくないということを感じたことがある人は多いのではないでしょうか。

料理をする人ならなおのこと、毎日使うキッチンを使いやすく、そして楽しく料理ができるスペースにしたいものです。収納器具を利用したり、観葉植物を置いたり、ちょっとした工夫によって見た目がよく使い勝手のよいキッチンに生まれ変わることができるため試してみましょう。

収納器具をうまく利用しよう

収納器具を使ってキッチン用品などをまとめることによってキッチンがすっきりするだけでなく、利便性も高くなります。例えば収納ラックを利用して調味料をまとめておき、火を使ったときにも取りやすい位置に配置しておけば、それだけで使いやすくなるでしょう。収納ラックも単にプラスチックのものを選ぶだけでなく、キッチンの内装に合わせたものを利用したり、カラフルなものを利用すれば、それだけでキッチンが明るい雰囲気になります。

壁や戸の裏側も簡易な収納棚を作れば、ラップやホイルといったものをまとめることができます。ただおいておくよりもまとめておくと整理されている雰囲気が出るものですし、手に届きやすい場所に簡易棚を作っておけば、利便性も高まります。

狭いスペースであってもつっぱり棒を設置すれば、そこにS字のフックをたらして、フライパン返しやおたまを吊るしておくことができます。狭いスペースを有効利用すること、そして自分がよく使うキッチン用品を手に届く範囲に置くことがキッチンの利便性を高めるのに大事です。

棚や冷蔵庫の側面などは、利便性を高めるだけでなく、マグネットやマスキングテープを使って飾り付けを行うと、キッチンの雰囲気をがらりと変えることができます。利便性だけでなく、居心地のよいキッチン作りをしていきましょう。

DIYには100円ショップとホームセンターを活用

DIY

台所は水汚れ、油汚れなどもあるため、ものによっては気軽に取り換えることができるものが便利です。収納ラックなどの収納用品は100円ショップで購入することができるため100円ショップをうまく利用しましょう。キッチンの棚を作ったり取っ手を取り換えたりといった簡単なDIYをする場合はホームセンターなども利用することができます。取っ手を可愛いものに変えるといったDIYはドライバひとつで交換ができるため、挑戦してみてもよいでしょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!