賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

不動産投資と副収入

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

副収入が簡単に得られる?

gf1120032047

サラリーマンの方が不動産投資に挑戦する場合、一番期待するのは副収入だと思います。給与の他に毎月家賃収入が得られればありがたいですよね。

しかし、不動産投資の場合、他の資産運用と比べて投資額が大きく、最低でも数百万円は用意しなければなりません。当然、失敗すれば大ダメージになることが懸念されますので、リスクをよく理解し、長期的視点で資産を形成するように心がけなければなりません。

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと言われることがあります。株式やFXであれば積極的に売却益を狙っていきますが、不動産投資では賃料の変動も緩やかなので、短期的に利益を得るのには向いていません。一攫千金を狙うのであれば、他の投資を選んだ方が無難でしょう。

借入はほどほどに

「不動産投資を始めたいが、資金が足りないからローンを組もう」という人も多いと思います。しかし、借入に頼れば頼るほど利回りは悪くなってしまうので、見極めが肝心です。変動金利の場合、返済額を抑えようとして返済期間を長く設定すると、金利上昇のリスクもあります。ある程度の自己資金を用意できないうちは、無理に手を出さない方が良いでしょう。

逆に自己資金に余裕があれば、毎月の安定収入の他にも節税効果やインフレに強いといった利点を期待できます。また、物件自体を担保に借入が可能になるというメリットもあります。

いずれにせよ、副収入を得るためには経営を安定させなければなりません。しかし、特に中古マンションなどの場合はメンテナンスにも気を配ったりしなければならないので、最初のうちは試行錯誤になるでしょう。

不動産投資を安定させるための手法としてサブリース(家賃保証)があります。不動産会社に物件の借り上げを依頼し運営してもらう、又貸しのことです。毎月サブリース料を不動産会社に支払うことになりますが、不動産会社に貸し出している形になるので、賃料が途切れる心配がなくなります(ただし、契約内容の確認は怠らないでください。不動産会社にのみ有利な契約内容になっている場合もあります)。

様々な工夫を凝らし、収益を上げられるようになれば、生活も安定するでしょう。ワンルームを1戸しか購入できなかった人も、1棟丸ごと買えるようになるかもしれません。ただし、投資金額が大きくなれば、それだけリスクも大きくなります。大失敗をして物件を手放さなければならなくなれば、長期的に収益を得るという当初の目的が果たせなくなります。秘訣は「無理をしないこと」。身の丈に合った投資をすることです。周りの人間が投資を勧めてきたとしても、最後は自分で判断して決めましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

住まいに関するありとあらゆる情報を独自の視点で日々更新していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!