ペット不可でもOK?小鳥を飼うなら知っておきたいこと

小鳥

日々の癒しのためにペットを飼いたいという人が多くいますが、賃貸物件では部屋が汚れたり、ひっかき傷などで修繕が必要な状態になるという理由からペット不可という物件が多くあります。 物件のオーナーにとってペットは、飼っていた人が退去するとき、修繕が必要となれば、業者の手配など手間がかかりますし、修繕が完了するまで次の入居者を入れることができませんから資産に損失を与えるものとして嫌うのも仕方のないことでしょう。 しかしペット不可といわれている賃貸物件でも、部屋が汚れたり、異臭がない、鳴かない、退去時に部屋の修繕をする必要がないということで、ペットの種類によってはOKというところがあります。 そのペット不可の賃貸物件でも飼うことが許可される場合があるのが小鳥です。

ハードルの低い小鳥

小鳥は小さなゲージがあれば飼うことができますし、種類や個体によって鳴き声もほとんどありません。 またエサの掃除や水の交換などをきちんと行うことによって異臭も発生しないことから、犬や猫といったペットに比べて許可のハードルが低いのです。 ただし、いくらハードルが低いといっても大家やオーナーに無断で飼育は厳禁です。許可をとって飼うようにしましょう。 小鳥によっては鳴き声が大きな個体もあります。鳴き声が大きいと隣人から苦情が寄せられる場合もあるため、小鳥を選ぶ場合はその点を注意しましょう。

ワンルームの賃貸物件でも飼育ができます

インコなどの小鳥では、40~50cmくらいのサイズのゲージを用意すれば飼うことができます。 文鳥の場合は、インコに比べてもう少し大き目のゲージを用意しますが、そのケージも棚のおける程度のもので十分です。 そのためワンルームの賃貸物件であっても小鳥であれば飼うことができます。

ただし、小鳥は寒さに弱いため、ワンルームで飼う場合は夏場に冷房を使えない場合があります。ワンルームで飼う場合はその点をあらかじめ承知しておきましょう。 ゲージの中には止まり木や巣箱、水浴び用の容器などを用意します。ケージの下は糞や餌をこぼすため汚れますから新聞紙を引いて毎日取り換えたり、ときに熱湯消毒などを行って清潔を保つようにしましょう。

小鳥は餌と水を用意しておけば1日、2日といった留守番も問題ないため、旅行などに行くこともできます。 インコの場合、男の子を選ぶと、言葉を憶えさせることができます。

清潔を保つようにしよう

小鳥

インコなどの小鳥は汚れにストレスを感じます。また汚れをそのまま放置してしまうと、細菌やダニが発生してしまいます。 そのため、ゲージの下の部分などは定期的に熱湯消毒するなどして清潔を保つようにしましょう。 換羽の季節には、羽が多く抜けますから、この時期は特に掃除をこまめに行うようにしましょう。

ヨコヤマ
ウチコミ!でお得にお部屋探しをしよう
掲載物件は全て大家さん自身。不動産会社を挟まずに直接大家さんと話ができる新しいお部屋探し。ウチコミ!掲載物件は全て仲介手数料無料。ぜひ掘り出し物のお部屋を探してみてください!!
ウチコミ!でお部屋探しはこちら