トラックが駐車場を塞いで車が出せない時はどうする?

街並み

アパートなどの賃貸住宅において、専用駐車場が完備されていることは魅力のひとつだと言えるのではないでしょうか。 公共交通機関を利用しにくい立地だったり、住人の中に夜勤で働いている人がいたりする場合、専用駐車場は特に役に立ちます。 しかし場合によっては、この駐車場があるせいで、地域住民との間で対立が生まれてしまうこともあるのです。

トラックが駐車場を塞いで車を出せない?

アパートでひとり暮らしをしていた住人が、駐車場に入るための唯一の道を、工事業者のトラックに塞がれてクレームを申し立てた事例が実際にあります。 アパートの規模は4世帯でしたが、当時の入居者はクレームを申し立てた一人暮らしの若者だけだったため、当然駐車場の使用者もその人だけでした。

工事業者は隣接する敷地の民家の増築工事を行うためにトラックを停車させていたそうですが、アパートの住人からクレームを受けても状況は改善しなかったといいます。 それどころかクレームを申し立てた直後から、アパートの住民は何者かからの嫌がらせとも思えるようなトラブルに見舞われるようになったそうなのです。

今回の事例の要点をまとめると、以下のようになります。

  • アパートと民家は隣接していて、アプローチとなる通路は共同通路だった
  • トラックは民家の工事のために来たものだった
  • アパートの住人がクレームを申し立てた後も状況は改善されなかった

ちなみに今回のケースでは管理人はアパートに常駐していなかったそうなのですが、同じようなトラブルに巻き込まれた場合はどのようにすればいいのでしょうか。 住人や大家さん、管理会社が出来ることを考えてみましょう。

問題の解決方法

運転席

一見すると今回の事例は敷地を塞ぐ形でトラックを停車させた事業者と、アパートの住人の争いのように見えるかもしれません。 しかし、これは共同通路を挟んだアパート側と民家側の単純な2つの立場による対立関係となっているのです。 そのため事業者とアパートの住人が前面に立って係争を起こしても、おそらく根本的な解決には至らないでしょう。

このような問題が起こった場合には、まずアパートの住人は大家さんか管理業者に下請け業者と交渉をしてもらうためにクレームを申し立てましょう。 対立する相手への要求は大家さんや管理業者が行いますが、この段階で事態の改善が見られなければ再度クレームを申し立てるようにします。 ただし、今度は実際に工事をした下請け業者ではなく、下請け業者に工事を発注した元請け業者が申し入れの相手となります。 この場合も直接的な交渉は、住人ではなく大家さんや管理会社が行います。

アパートの所有者がすべきことは?

アパートの所有者側がもっとも恐れているのは、アパートの住人が権利の申し立てを直接役所や警察などに持ち込んでしまうケースではないでしょうか。 管理不行き届きとして監督されるようになると、それまでのようなアパート経営が立ち行かなくなる可能性があるからです。 そのような事態を防ぐためには、大家さんや管理会社の人員が、定期的に所有するアパートの見回りを行い、クレームが発生するのを未然に防ぐことが大事です。 アパートの大家さんや管理会社には、近隣住民と良い関係を維持する努力が欠かせないのです。

ウチコミ!編集部
ウチコミ!でお得にお部屋探しをしよう
掲載物件は全て大家さん自身。不動産会社を挟まずに直接大家さんと話ができる新しいお部屋探し。ウチコミ!掲載物件は全て仲介手数料無料。ぜひ掘り出し物のお部屋を探してみてください!!
ウチコミ!でお部屋探しはこちら