ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

タワーマンションとは?高層階に住むメリットとデメリット(3/4ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

「タワーマンション」に住んでいるという「ステータス感」を味わえるわ!

 

<高層階に住むメリット>

1.タワマンの高層階の部屋は、窓からの景色がよい

タワーマンションの高層階からは、都心の夜景などを楽しめる。場所にもよるが花火大会の様子も見られることも。タワーマンションが乱立している場所では、向かいのマンションで景色が遮られてしまこともあるかもしれないので、必ず内見しよう!

2.タワマンの高層階の部屋は、日当たりがよい

高層階の場合は、どの向きでも基本的に日当たりがよい。通常、日当たりが悪いとされる北向きであっても視界を遮るものがないので一定の明るさは保たれる。むしろ北向きの場合は、太陽が眩しくないため、昼間の景色を楽しむこともできる。

3.上層階はゴキブリや虫が出にくい

高層階の場合、虫が飛んできたりゴキブリなどが上がってきづらい。虫が苦手な人にとっては嬉しいメリットである。

 

❸タワーマンションに住むデメリットは?
 

 

<高層階に住むデメリット>

1.エレベーター待ち時間が長い

入居者の多いタワーマンションでは、朝の通勤時間帯などエレベーターが混み合うことが多い。上から各階に止まっていき、途中で乗ることができないこともあるそう。階段で降りれれば問題ないが、高層階の住人は難しい。物件を選ぶ上で「エレベーターの数が十分に確保されているか?」は大切だ。

2.洗濯物や布団が外に干せない

高層階は風がとても強い。洗濯物や布団が落する危険性もあることから、(外観的にも)外干しが禁止されていることもあるそうだ。乾燥機付き洗濯機か浴室乾燥機、布団乾燥機などが必要になる。

3.地震の際に強く揺れたり、エレベーターが止まると家に帰宅するのが大変になる。

地震や火災のときはエレベーターが使えない。高層階の住人は、非常階段などで速やかに避難が必要だ。高層階に住んでいる分、避難に時間がかかったり体力面で心配である。

高層階に住んでいる方は必見!

「地震による家具の転倒対策をしよう!」の記事はコチラ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ