ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン
家を買おうと決めたら

「住宅ローン借り換え」を楽にする“ちょいテク”(3/3ページ)

本間弘明本間弘明

2018/12/18

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

借り換えを終えたお客様の感想は、
「こんなに簡単にできるのならもっと早くやればよかった」(私からはさんざん提案していたのですが…)
「返済期間が3年も縮まって返済の目途がついた(ゴールが見えてきた)」
と非常に晴れやかな表情をされていたのが、とても印象的だった。

借り換えは自ら動かなくては大損に

このお客様が借り換えの手続きを終えてから、銀行の担当者に「どうして銀行側からもっと早く提案してくれなかったのですか?」と聞いたところ、
「当行からは(たとえお客様の利益につながるとわかっていても、自社の利益が減るような)そのような提案は致しません」ときっぱり言われたという。

銀行も商売なので彼らが悪いとばかりはいえない。しかし、
「自分も知らなかったので損をしてしまった」
「実際に行動に移せなかったので機会を逃してしまった」
と後で後悔することがないよう、日頃から情報の収集といざと言う時の行動力を身につけておきたいもの。それこそが賢い消費者とえるのではないだろうか。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

株式会社お客様相談室 代表取締役  (社)介護相続コンシェルジュ協会 相談員

1969年 新潟生まれ。生命保険、損害保険だけでなく、確定拠出年金、NISA、投資信託を交えた総合的なコンサルティングを得意とする。企業向け選択制確定拠出年金の導入による社会保険料削減提案や各種共済、生命保険を活用した退職金制度の導入コンサルを中心とした経営アドバイザーとして活動している。また、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、相続診断士、DCマイスター、損害保険トータルプランナーなどの資格を持ち、生損会社、税理士、社労士向けの講演や、新聞や雑誌への寄稿も行っている。

ページのトップへ