マンション・アパート物件選びのヒント

基本的に予算の範囲であれば、どんな物件でも良い訳ですが、大きく分けて 「戸建・マンション」 がその対象でしょう。しかし、どちらがいいのか? 実際迷う方も多いのでは?戸建住宅の長所短所とマンションの長所短所で比べてみましょう。

 

1.戸建住宅の長所と短所

 

長所は?

  • なにしろ全て自分のものですから、音の問題も自分の責任の範囲で自由ですし、使い方なども自由です。
  • マンションの様な管理費、修繕費などの月額負担がありません。
  • 自分の家ですから、将来の建替えなども自由にできます。
  • マンションと比べると、土地の大きさ(持分)は多くなり資産としての価値は有利になります。
  • 庭や駐車場もついている物件であれば、無料で使える。

 

短所は?

  • 管理費、修繕費が無い代わりに、修繕などの費用は全て自己負担。
  • マンションに比べて、駅からの距離などは遠くなります。
  • 防犯などについても完全に自己負担です。

 

2.マンションの長所と短所

 

長所は?

  • 共同住宅なので、防犯などにはマンション全体で費用を掛けられる上に、マンション住民の意識もあるので安心感がある。
  • 自宅部分についても、鍵1本で戸締りなども容易。
  • マンション内に共用の施設は、戸建にはないメリットです。
  • マンションの場合、2階建てになっていない場合がほとんどで居住空間を有効に使える。又、使い勝手がいい。
  • 建物の修繕や改修なども、自分の住戸内以外は ほぼ全体で費用を負担する為、意外と負担は軽い。

 

短所は?

  • 管理費・修繕費・駐車場代などの月々の負担がある。
  • 共同住宅の為、上下階や隣との気遣いが生じます。
  • 当然ですが、増築は出来ませんし、リフォーム等にも成約があります。
  • ペットや楽器などについても、成約がある場合が多い。

 

という所でしょうか?

 

実際にどちらがいいのか?

 

そこで、ヒントのお話になります。戸建にお住まいになりたい方は、マンションの共同住宅が煩わしく、戸建の短所を許容できる方。基本的に、マンション住まいに比べて補修・修繕にまとまった費用が掛りますが、建替えや増改築が自由にできるメリットを持っています。

 

0年、20年と長い期間、増改築を重ねながら住まう方に向いている住宅ともいえます。(長く、ゆったり静かに暮らしたい方向き)それに対して、マンションの場合はどちらかと言えば、住宅自体の面積は、戸建に対してやや小さくなりますが、「職住接近」を狙った住環境を求める方にお勧めです。

 

マンションの場合、建築基準法の関係から、駅の近くや大きな道路の近くでないと建築自体ができません。と言う事から、どちらかと言えばマンションの方が駅や繁華街などに近いものが多く、生活・通勤通学などに利便がいいものも多いです。

 

又、10年前後での住替えにしても、利便性が売却に良く影響します。いかがでしょうか?ちょっと、整理しやすくなったのでは? 子育てや、仕事が忙しい若い方にはマンションが向いている感じがしませんか?

 

■マンションのメリットをもう一つ!

 

戸建住宅に比べて、圧倒的に建物の耐用年数が長いのも見落とせない部分ですね。現在でも、昭和50年代前後のマンションが意外と流通しているのも、そんな理由からでしょう。

 

戸建住宅にくらべて、結構な築年数(20年超)であっても十分な評価がでるところも大事な要素でしょう。

 

今では自分で物件を売りに出せるウチコミ!売買REVOというサイトなどもあります。
有効に使って不動産物件の売却、購入をしてみてはいかがでしょうか?

baibai

ウチコミ!編集部
適切な売買取引の実現のために
ブログをご覧いただきありがとうございます。皆さんが本当に欲しいという中古物件は情報が出てきません。よく言われる「物件の囲い込み」。両手取引を狙うために情報を遮断して変えないようにします。そして値段が下がった段階で再販業者へ売却したり。この場合は両手取引での売却に加えて、リノベーション後の物件の売却も預かれます。結局消費者は高い金額で購入するしかありません。この流れを止めるためには直接売買の道筋を作り、適正な取引環境の実現が必要であると考えています。