引越し直前に粗大ゴミを処分する5つの方法

ソファ

引越しは不要になった電化製品や家具などの粗大ゴミを処分する、良い機会であるといえます。
粗大ゴミを処分することは新生活に向けて心機一転をする良い機会にもなるので、ぜひ引越しと同時に不用品の「断捨離」に挑戦してみましょう。
今回は粗大ゴミの処分方法を、大きく「不用品回収」と「売却」に分けてご紹介します。

粗大ゴミの処分方法とそれぞれの特徴

それでは早速、粗大ゴミを処分する方法を、それぞれの特徴と一緒に見ていきましょう。
まずは専門の業者に粗大ゴミを回収して捨ててもらう「不用品回収」の3つの方法をご紹介します。

  • 引越し業者による処分
    引越し当日に引越し業者に回収・処分してもらう方法で、荷物を搬出するときに一緒に部屋から粗大ゴミを持ち出してくれるため、自分で外まで運ばなくて済むという大きなメリットがあります。
    ただし料金については引越し代とは別料金になっているところが多く、運ぶ際に分解が必要なものについては、さらに追加料金が発生する場合もあります。
  • 不用品回収業者による処分
    不用品の回収・処分を専門とした業者に依頼をする方法です。
    電化製品や家具などの粗大ゴミだけでなく、燃えるゴミや燃えないゴミ、プラスチック、金属類など、種類を問わずまとめて回収してもらうことができるので、一気に不要になったものを捨てられる便利な方法となっています。
    ただ最近では引越しサービスを提供している不用品回収業者もあるため、引越し業者と不用品回収業者の境目は、近年無くなりつつあるといえるでしょう。
  • 自治体による処分
    お住まいの市町村などの自治体に処分を依頼する方法で、事前に連絡をした上で指定されたゴミ置き場に置いておけば、あとは指定日に回収をしてくれます。
    ただし収集日時が自治体から指定されることにため、申込者は自治体の希望に合わせてスケジュール調整をする必要があります。

粗大ゴミを売却する2つの方法

ダンボール

もし処分しようと思っている粗大ゴミが、ほかの人にとってはまだ使えるものである場合は、捨てるのではなく売るという選択肢もあります。
いらなくなった電化製品や家具は、リサイクルショップやネットオークションで売却することができます。

  • リサイクルショップで売る
    リサイクル品を専門に扱っているお店に売る方法で、ある程度の良品であれば確実に有料で買い取ってもらえます。
    ただし買い取り料金についてはあまり期待しないほうがいいでしょう。
  • ネットオークションで売る
    ネットオークションで売った場合は値段が買い手次第となるので、予想以上の高額で売れる場合も少なくありません。
    デメリットとしては「購入者に自分で届けなければならない」「出品したにもかかわらず売れない可能性がある」といった点が挙げられます。

このように、いらなくなった粗大ゴミを処分する方法はたくさんあります。粗大ゴミの処分方法を選ぶ際には「いつまで使うのか」「自分で運ぶことができるか」「捨てたいのか売りたいのか」といった点を良く考え、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

ヨコヤマ
ウチコミ!でお得にお部屋探しをしよう
掲載物件は全て大家さん自身。不動産会社を挟まずに直接大家さんと話ができる新しいお部屋探し。ウチコミ!掲載物件は全て仲介手数料無料。ぜひ掘り出し物のお部屋を探してみてください!!
ウチコミ!でお部屋探しはこちら