上京物語

第3話 内見依頼をする実際に物件を見てみよう

西荻窪の物件が気に入ったミチコさん。

「早く内見をしないと。」

そうです。まだミチコさんは大家さんに問い合わせをしただけです。お部屋探しは内見をして申し込みをするまで続きます。

「初期費用を教えていただきありがとうございます。総額が少ないことに加えて初期費用の分割までできる(※1)というのは非常に魅力に感じます。ぜひ内見をさせていただきたいのですが。来週東京に行くのでそのときに内見できますでしょうか。●月●日でしたら一日空いています。よろしくお願いします。」
※1 初期費用分割
ウチコミ!には初期費用が分割できる物件を特集として用意しています。
初期費用分割特集はこちら

ついに内見希望を送ったミチコさん。そしたらすぐに返信がきました。

「大家の●●です。内見希望ありがとうございます。内見はウチコミ!エージェントが対応しますので、連絡をお待ちください。良い出会いとなることを祈っています。」

大家さんからのメッセージが届いた後、画面内に担当エージェントが現れました(※2)※2 担当エージェント
ウチコミ!認定のエリア不動産会社。内見と契約、大家さんのサポートを担当。内見など話が進展すると途中からメッセージに加わります。

「この人がエージェントかあ。●●不動産の方なんだ。」

そしてエージェントからもメッセージが届きました。

「はじめまして。このエリアを担当しているエージェントの●●不動産■■です。大阪から東京へのお引越しとのこと、私が精一杯サポートしますのでご安心ください。西荻窪は隣が吉祥寺です。吉祥寺には井の頭公園もあり休日は読書も楽しめます。いいところなのでご縁ができれば嬉しく思います。 さて内見日時ですが、第一希望の●月●日●時で大丈夫です。武蔵小金井駅にお迎えに上がります。駅に着いたら●●●-××××-●●●●までお電話をいただけますか。それでは当日お待ちしております。お気をつけてお越しくださいね。」

一気にアゲアゲなミチコさん。

「おおー!早速エージェントからメッセージが来た!! いい人そうなので安心だ。いやいや、会う前に挨拶をしておかないと。」

ミチコさんは早速エージェントに電話をしました。

「はじめまして。メッセージありがとうございます。内見前にご挨拶だけでもと思い電話をしました(※3)。それでは当日よろしくお願いします。」
※3 電話による挨拶
内見時の現地対応は基本的にはエージェントが行います。会う前に電話をしておくと待ち合わせ当日も安心できます。

「ご丁寧に電話をありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。ご不明な点がありましたらいつでも連絡くださいね。」

電話を終えたミチコさんは内見日まで待ちきれない様子です。