デット

デットは資本調達のための借金・負債のこと
デット(Debt)、エクイティ(Equity)は資本調達の区分を示す用語です。デットはいわゆる借金のことで、返済期日と金利が決まっています。帳簿上は負債に相当するのでDebtと呼ばれます。債券や預金、銀行借入などによって調達されるデットは他人資本と呼ばれることがあります。
一方、エクイティには返済期限がありません。具体的には新株などの発行によって得られるのがエクイティであり、自己資本、株主資本と呼ばれることもあります。エクイティとは出資のことであり、出資する側は単にお金を貸すのではなく、お金を出すことで投資先の事業に参加して配当を得たり、株などを売ってキャピタルゲインを得ることが可能になります。もちろん株価などが暴落する可能性もあるので、エクイティはハイリスク・ハイリターン、デットはローリスク・ローリターンであると言われます。デットの場合は返済期限などが設定されているわけですから、もしお金が返ってこなければ訴訟提起することもできます。
不動産の証券化とデット
不動産の証券化に当たっては、デットとエクイティを組み合わせて資金を調達するのが一般的です。デット(銀行などの融資)は返済義務があるので、元利金の返済はデット部分が優先されます。また、収益の配分で優先されるのもデット。エクイティ部分はハイリスク・ハイリターンだからです。不動産投資信託として有名なREITは証券化された不動産を投資家向けに整備したものになります。高額な不動産を証券化すると小口の投資が可能になりますが、それを投資信託という形で一般の投資家にも売り出しているわけです。
様々な資金調達の方法
資本調達する側から考えると、デットを利用するのが適切なケースは返還するための現金が確保できたり、価値のある担保を有していたりする場合などが考えられます。また、会社の経営に対して出資者に口出ししてほしくない場合も、返済期限が決まっているデットが適切です。エクイティである株式投資では株主総会で経営者が株主に追及される場面が見られます。株式には議決権が与えられる(1単元株につき1つの議決権)ので、株の保有数が多い株主が強力な発言権を持つことがあります。
なお、資金調達の方法としては以下のような方法もあります。
  1. 新株予約権付社債
    社債(デット)でありながら一定期間の間であれば新株の発行(エクイティ)を受けられる権利が付いた社債。
  2. デット・エクイティ・スワップ
    負債(デット)を株式(エクイティ)に変える方法。財務改善の手法の1つ。
  3. 資産の現金化
    会社が保有している資産を売却して現金にする。例えば不動産を売却して現金を得、売った不動産は賃借して継続利用する。
大家さん新規ID登録はこちら
新空室対策