プロパティマネジメント

プロパティマネジメント=資産・不動産を管理・運営すること?
最近では「プロパティ」と聞くと反射的に「コンピューターのファイルや周辺機器などの各種設定・属性に関する情報」を思い浮かべるかもしれません。しかし、プロパティ本来の意味は「財産、所有物」「所有権」のことであり、「プロパティマネジメント」と言えばれっきとした不動産関連の用語になります。
プロパティマネジメントとは、主に不動産の管理及び運営業務のことです。ここではプロパティ=資産・不動産、マネジメント=管理・運営の意味なので、これだけでは英語を日本語に直したに過ぎません。実際にプロパティマネジメントという言葉が使われる際は、もっと限定した意味を指すようになっています。
オーナーに代わって物件を管理・運営する
狭義のプロパティマネジメントは、実は「自分で自分の資産・不動産を管理・運営すること」ではありません。不動産オーナーの代わりに専門スタッフ(プロパティマネージャー)が資産価値を最大限に高めて運用していく手法のことをプロパティマネジメントと呼んでいるのです。背景には、「不動産投資における所有と経営の分離」という考え方があります。不動産を所有している人が不動産運用の専門知識を持っていないことは珍しくありません。ならば専門家に経営を任せることで利益の最大化を図ろう、という人が増えてきたのです。
例えば不動産経営で悩んでいるオーナーに代わって入居者からのクレームに対応したり、建物を維持したり、各種工事の業者を選定することもプロパティマネージャーが請け負います。基本的には、不動産運用による利益の最大化に関わることは総じてプロパティマネージャーの仕事の範疇と言えるでしょう。ただし、不動産は一つ一つ異なるため、実際の契約形態は経営を一括して任せるものから一部を委託するものまで多岐に渡ります。

〈プロパティマネジメントの主な業務〉
・賃貸管理業務
・建物の修繕、設備の更新を提案
・月次報告書作成
「資産的価値」を向上させるアセットマネジメント
プロパティマネジメントと似た言葉にアセットマネジメントがあります。プロパティマネジメントは個別の不動産からの収益を最大化することが主眼ですが、アセットマネジメントでは投資家や投資ファンドから委託されて物件の投資・売却の意思決定を行います。アセットマネージャーは管理する必要の生じた不動産の現場管理をプロパティマネージャーに委託することになります。
アセットマネジメントとプロパティマネジメントは同一会社が窓口になっている場合もあり、その場合はオーナーのポートフォリオ全体の管理からマーケット分析、収益不動産の運用管理まで委託することができます。
大家さん新規ID登録はこちら
新空室対策