プレキャストコンクリート造

あらかじめ製造されたコンクリート製品
建築用語に「PC造(ぴーしーぞう)」というものがあります。これは「プレキャストコンクリート造」のこと。プレコン、プレキャストと略して呼ばれることもあります。
プレキャストコンクリートとは、現場で組み立て・設置を行うことを前提に工場などであらかじめ製造されたコンクリート製品のことです。主に鉄筋コンクリート造の建物を建てていく際に用いられる工法の1つがプレキャストコンクリート工法(単にプレキャストコンクリート、プレキャストコンクリート造と呼ばれることもある)になります。これに対し、現場で型枠を作り、コンクリートを打設する工法は現場打ち工法、場所打ち工法と呼ばれます。
ちなみに現場打ちPC工法というものもありますが、こちらは現場打ちしたコンクリートにPC鋼材を挿入する工法です。
PC造のメリット
プレキャストコンクリート造にはいくつかメリットがあります。まず、高品質の部材が得られること。現場で型枠を設置してコンクリートを打設する場合は職人の技術によって質が左右されますし、屋外作業になるので天候の影響を受けます。プレキャストコンクリートは工場生産なので高い品質の部材を得ることができます。
プレキャストコンクリートではあらかじめ作られた部材を組み立てるので、現場打ち工法より工事期間が短くて済みます。天候の影響を受けることも少なくなりますし、現場での工程を短縮できるので、人件費も節約できます。
資源の浪費が抑えられるのもメリットです。現場打ち工法では建物ごとに新しい木材を用意して型枠を作るのが一般的ですが、プレキャストコンクリートであれば工場で用意した鋼製の型枠を繰り返し利用することができます。
PC造のデメリット
プレキャストコンクリートにもデメリットはあります。工場で規格に合わせて作られるプレキャストコンクリートは、規格外の土地や形状に対応するのが苦手です。複雑な形のデザインを実現するには、現場打ち工法の方が柔軟に対応することができます。
また、プレキャストコンクリートはほぼ組み立て式なので接合部ができます。接合部はシーリング材などで防水処理が施されますが、高品質な工事が求められることになります。また、設計段階で接合部をできるだけ少なくする工夫も必要になるでしょう。
最後にデメリットもご紹介しましたが、プレキャストコンクリートは工事期間とコストが少なくて済むので、賃貸マンションなどで人気の工法となっています。
大家さん新規ID登録はこちら
新空室対策