フルローン

「頭金ゼロ」「貯金ゼロ」で借りられる住宅ローン
住宅ローンは誰でも借りられるものではありません。審査で年収、既存借入の返済額などがチェックされ、借入希望金額を返せるかどうかが判断されます。チェック過程では自己資金がどれだけあるか? 頭金をどれだけ入れられるか? 勤務先はどこ? 勤続年数は? 信用情報はどうなっているか?等々、様々な情報が求められます。条件を満たせないと審査をクリアできないこともあります。
しかし、住宅ローンには「フルローン」と呼ばれるものがあります。フルローンとは頭金ゼロ、あるいはそれにプラスして貯金ゼロでも組めるというローンのこと。家計をやり繰りしている人にとっては、頭金がいらないだけでもありがたい!と思うことでしょう。しかし、世の中に美味しい話というのはそうそうありません。ここではフルローンの注意点に注目してみましょう。
フルローン以外にかかるお金も
まず初めに「フルローンを取得すればお家が0円で手に入る」と思っているとしたら、残念ながらそれは間違いです。家を購入するには、物件の代金以外に諸費用(登記費用や収入印紙代金、火災保険料など)がかかります。
もっとも、最近のフルローンには諸費用も融資してくれるものもあります(オーバーローンとも呼ばれます)。それなら安心!と思うかも知れませんが、住宅ローン+諸費用ということは、借入額が増えることになります。金利も高くなることがあるので注意が必要です。また、新築を買う場合はカーテンやカーポート、バルコニーの屋根など、ローンではカバーされない出費が発生することもあります(銀行による)。
不動産会社の広告には支払いシミュレーションが載っていることがありますが、フルローンの場合は「一番いい条件」の金利で計算されていることが多いようです。例えば将来、お子さんが増えたり、教育費が予想外にかかったりした場合のことも考えておかねばならないでしょう。
ある程度蓄えてからローンを考えるのが基本
もちろん、例えば「賃貸の支払いよりもフルローンの返済の方が安くなる」といった場合は、貯蓄を増やすことも期待できるので、フルローンの利用も選択肢に入れて良いでしょう。しかし、貯金がほとんどない場合は注意が必要です。今は元気でも将来は重病にかかったり大怪我をするかもしれませんし、お子さんがたくさん生まれることもあるかもしれません。また、固定資産税や家が傷んだときの補修費用も必要になります。
やはりお金をある程度蓄えておき、その上で無理のないローンを組むことを心掛けた方が良いでしょう。「いざとなったら家を売ればいい」と考えていたとしても、売却時に売値がローン残高を下回ったら目も当てられません。
大家さん新規ID登録はこちら
新空室対策