フリーレント

1~3ヵ月の家賃がタダになる
賃貸情報を検索していると、「フリーレント」と表示された物件が見つかることがあります。レント(rent)は賃貸料や家賃を意味し、フリーレントとは一定期間分の家賃が無料になる契約のことを指します。ただし、大抵は家賃のみが無料になっているので、共益費などには注意する必要があります。
フリーレントでは1ヵ月分の家賃が無料になっていることが多いですが、まれに2~3ヵ月という期間が設定されていることもあります。「家賃がタダになるなんて、何か裏があるのでは?」「訳あり物件なのかな」などと心配する向きもあるかと思いますが、実際には一般の部屋と変わりません。中には無料分を家賃に上乗せしている物件もあるようですが、現在では簡単に他の物件と家賃比較されてしまうでしょう。
一般的には、競争力を高めることがフリーレントの目的です。周囲に似たような条件の部屋がたくさんある場合、例えば引っ越しが増える春先に入居者を獲得できないと、1年間空室のままになってしまうことがあります。これを避けるために初期費用を安く設定することで借りてもらいやすくするわけです。貸す側にしてみれば、1~3ヵ月の家賃を無料にしても、1年間空室になることに比べれば収入の安定化につながります。
借りる側のメリット
フリーレントは借りる側にもメリットがあります。初めて部屋を借りる人にとってはフリーレント期間の家賃がタダになるだけですが、他の賃貸物件から引っ越す場合は、二重家賃が発生しなくなるのです。
通常は退去の1ヵ月前に大家さんに通知しなければなりません。すると新居を押さえておく期間と家賃がダブってしまうのです。かと言って先に退去通知を行って新居を探そうとすれば、スケジュールが厳しくなります。フリーレントなら引っ越し期間を十分取れますし、カップルなどが近所に引っ越す場合はゆっくりと自分達で荷物を運ぶこともできるでしょう。
ただし、家賃が最初に発生するのは1ヵ月~数ヵ月後でも、契約月は動かないことに注意が必要です。更新月を間違えると、思わぬ出費を被ることになりかねません。
フリーレント物件で注意すべきこと
フリーレント物件で注意すべきは、まず大抵の場合、解約すると違約金が発生する期間が設けられていること。短期で退去されてはフリーレントにした意味がなくなってしまうからです。逆に言えば、一時的に転居する必要がある場合は、フリーレント物件では割高になる可能性があるということになります。
また、先にも述べたように、家賃を高めに設定してフリーレントを謳っている物件があるかもしれません。インターネットで家賃の比較は簡単にできますので、やはり部屋選びは慎重に検討する必要があるでしょう。
大家さん新規ID登録はこちら
新空室対策