防犯サムターン

防犯機能を備えたつまみ
サムターンとは玄関などに設置されたシリンダー錠などの部屋内部側に付いている手動式のつまみのことです。サムターンには様々な種類がありますが、防犯性を高めたサムターンは防犯サムターンと呼ばれます。
空き巣の侵入方法としては真っ先にピッキングが思い浮かびますが、一説にはピッキング被害よりもサムターンの不正開錠の方が多くなっていると言われています。古いマンションなどは一般的なサムターンになっている物件も多いですが、築年数の浅い物件では防犯サムターンが標準装備されていることが増えています。特に女性や防犯意識の高い人は、防犯サムターンになっているかどうかを物件選びの基準の1つにしている場合もあります。
様々な防犯サムターン
空き巣などはドアの隙間やのぞき窓(ドアスコープ)、ドアポストなどから特殊器具を用いて開錠しようとします。防犯サムターンには、サムターンに取り付けられた金具や部品が空転するような作りになっているものや、つまみの部分に取り付けられた小さな突起を押し込みながらでないと開かないものなどがあります。

様々な防犯サムターン

切り替え式サムターン
スイッチの切り替えによってサムターンが空転するようになります。
特殊機構のサムターン
不正開錠する場合はサムターンに偏った力が働きます。このタイプのサムターンは偏心した力では回らない構造になっています。
スライドスイッチ付きサムターン
スライドスイッチを動かさないとサムターンが回らない構造になっています。
スイッチ式サムターン
サムターンの上下にスイッチが付いたタイプです。上下のスイッチを押し込まないとサムターンを回すことができません。通常のサムターンと同じ指の動きで解錠できる利便性があります。
サムターンカバー(サムターン回し防止具)
通常のサムターンに取り付けるカバーも安価で販売されています。サムターンカバーを取り付けると、ドアの隙間等からサムターンを操作することが難しくなります。

防犯サムターンの弱点

防犯サムターンにも不便な点があります。鍵屋さんに鍵を開けてもらう場合、のぞき窓の穴から道具を入れて開錠することができません。もともとそのような手口を防ぐために防犯サムターンは開発されているわけですから。つまり、防犯サムターンを採用した錠の鍵をなくしてしまうと、破錠してシリンダーごと交換するしかなくなる可能性が高いということです。そうなると経済的負担が大きくなるので、キーファインダーを導入するなどして鍵をなくさない工夫をしておいた方が良いでしょう。

大家さん新規ID登録はこちら
新空室対策