開放的な空間を楽しめるインナーバルコニー

屋根付きなのに屋外
戸建てのバルコニーは建物から張り出していますが、中にはバルコニーの上を屋根で覆い、様々な用途で使えるようにしたものがあります。こういったバルコニーをインナーバルコニー、インナーテラス、あるいはガーデンルームと呼びます。
ベランダとバルコニーは混同されることもありますが、厳密に言えば屋根付きのものがベランダ、屋根がないものがバルコニーです。インナーバルコニーは正確には〝インナーベランダ〟と呼ぶべきなのかもしれませんが、ベランダには手狭なイメージがあるのか、インナーバルコニーという呼称が定着しています。
大抵のベランダは奥行きが90㎝しかないので、洗濯物を干すのにもちょっと窮屈に感じます。インナーバルコニーの場合はバルコニーのスペースをたっぷり取り、〝屋根付きなのに室外〟という環境を実現しています。インナーバルコニーにはエアコンの室外機を置いても気にならない広さがあります。
メリット・デメリット
インナーバルコニーのメリットは様々です。まず、雨が降っても使えること。マンションのベランダは上の階のベランダが屋根になっているため、雨が降っても風が強くなければ洗濯物が濡れることはありません。インナーバルコニーであれば、さらに余裕を持って外でくつろぐこともできます。もちろんテーブルや椅子を出したり、バーベキューを楽しんだりすることも可能です。自然と利用頻度も高まります。
2階にリビングがあれば、インナーバルコニーと合わせて外に開かれた広い空間を演出できます。ホームパーティーなどでも大活躍することでしょう。リビングが1階にある場合は、使い方を意識していないとせっかくのインナーバルコニーが単なる洗濯物干し場になってしまうので、注意が必要です。
インナーバルコニーのデメリットはコストがかかることです。1階の部屋の上にあるバルコニーのことをルーフバルコニーと言いますが、ルーフバルコニーを設置するにはコストがかかります。インナーバルコニーはいわばルーフバルコニーに屋根をつけることになるので、さらに価格が高くなります。
家の面積が広くないとインナーバルコニーは設置が困難です。あくまでもバルコニーなので、室内と同じ使い方はできません。また、屋根を支える壁や柱が必要になるので、構造や間取りに成約ができることにも留意する必要があります。
屋根で光が遮られるので、中が暗くなりがちなのもインナーバルコニーのデメリットです。ただし、トップライトを設ければ明かりの問題は解決できます。
大家さん新規ID登録はこちら
新空室対策