ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

「禅」から世界の「ZEN」へ――現代人にも大いに役立つ 釈宗演が残した「修養座右の銘」(1/4ページ)

正木 晃

2021/08/16

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎studiograndouest・123RF

禅=ZENになったのは明治から

いまや「禅」は世界中に広まっている。どのように「禅」は世界で広まっていったのか。

白隠慧鶴から300年後、円覚寺の釈宗演(しゃくそうえん/1860-1919)が世に現れた。

宗演は臨済禅の伝統において、300年に1人、つまり白隠慧鶴以来の傑物とも称される大禅僧であり、もしこの人が出なかったならば、近現代の日本仏教の様相はかなり貧しいものに終わっただろうとさえいわれる。

宗演について特筆すべきは、明治20年から2年間、スリランカ(セイロン)に留学したことである。そして明治22年12月に円覚寺に帰着し、明治25年1月にはその管長に就任した。時に若干34歳、この若さで師家(しけ)として禅の指導者となるというのは、いくら明治が激動期とはいえ、珍事であった。

翌年8月には渡米し、シカゴの万国宗教大会において、仏教の代表として講演している。このとき、鈴木貞太郎(のちの大拙)に英訳させた仏教小史を紹介したが、これが機縁となって、ドイツ系米国人哲学者のポール・ケーラスのもとに鈴木大拙が留学し、欧米に禅=ZENが広まる契機となった。現在、日本といえば禅といわれるほど、禅は世界に普及しているが、その源泉は釈宗演にあったといっていい。

明治の大文豪、夏目漱石の参禅の師としても知られ、名作『草枕』をはじめ、『初秋の一日』などにも、宗演の話が出てくる。ただし、漱石の参禅は、散々な結果に終わっている。

坐禅でノイローゼをなんとか癒やせないかと考えて、円覚寺を訪れたのに、かえって悪化してしまったようだ。原因の一端は、円覚寺の都合を調べずに、いちばんの繁忙期に訪れてしまうなど、かなり身勝手な行動にあったという指摘もある。いくら師が偉くても、参禅する者のレベルが低ければ、指導のしようがないという話である。

いずれにせよ、釈宗演がこれほどの大禅僧となり得たゆえんは、若いときのスリランカ留学にあったことは疑いない。

宗演自身は、このスリランカ行を「聖胎長養(しょうたいちょうよう)」、すなわち厳しい修行の末にようやく宿った悟りの種を育み成長させ、真の仏教者となるための必須の道程と位置づけた。もっとも、宗演にとって最大のパトロンであった山岡鐵舟にいわせれば「(小賢しい知恵を捨てて)馬鹿になる修行」だそうで、帰国後の宗演の活躍を見れば、彼はスリランカで立派に馬鹿になってきたらしい。

釈宗演といえば、大禅僧中の大禅僧だから、そのひととなりも重厚かつ謹厳、非の打ち所のない人物と思われがちである。しかし、重厚謹厳(じゅうこうきんげん)であることは事実としても、まだ日本にいた頃は大酒飲みで、二日酔いはしょっちゅう、スリランカに行ってもプレッシャーに案外弱く、大きな行事があるとそのあとは必ずといっていいほど寝込んでいる。

それがスリランカで3年を過ごしてからは、文字通り一変するのだから、彼にとってこの留学がいかに意義深かったかがわかる。

次ページ ▶︎ | 釈宗演はどうのように悟りを得たのか 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

宗教学者

1953年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院博士課程修了。専門は宗教学(日本・チベット密教)。特に修行における心身変容や図像表現を研究。主著に『お坊さんのための「仏教入門」』『あなたの知らない「仏教」入門』『現代日本語訳 法華経』『現代日本語訳 日蓮の立正安国論』『再興! 日本仏教』『カラーリング・マンダラ』『現代日本語訳空海の秘蔵宝鑰』(いずれも春秋社)、『密教』(講談社)、『マンダラとは何か』(NHK出版)など多数。

ページのトップへ