賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

賃貸募集成約事例ファイル――売却予定から賃貸へ 入居希望者と直接話ができたことで“地域猫”も守れました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

画像提供/吉田オーナー

「賃貸募集成約事例ファイル」――それは賃貸物件を所有する大家さんが直接入居希望者を募ることができるウチコミ!を活用し、実際に成約した事例を紹介するコーナー。今回は、猫好きな入居希望者に、物件周りに住む猫のお世話を頼むなど、ウチコミ!らしい交流をされ成約した吉田オーナーに、ウチコミ!を使い始めた経緯や、成約までの感想などを聞いた。(取材・文/浦邊 真理子)

――ウチコミ!を使い始めたきっかけを教えてください。

もともと売却予定で売りに出していた物件でしたが、条件が悪いため全く問い合わせがきませんでした。それで賃貸で募集してみようと思い、インターネットで調べてウチコミ!をみつけました。

――ご自身で物件情報を掲載するのは初めてでしたか。

今回が初めてです。

――初めてご自身で募集したそうですが、工夫したところを教えてください。

部屋探しをしている入居希望者の方に、自分の物件はどのように見えているのか?という第三者目線でのマーケティング的な観点を意識しました。ほかの物件との差別化が重要だと思い、リーズナブルに感じてもらえるよう、初期費用無料やキャッシュバックを付けるなど色々工夫しました。

――ほかのポータルサイトとウチコミ!の違いをどこに感じましたか。

オーナーが直接物件を登録できるところ、入居希望者と直接連絡がとれることです。入居希望者の要望が直接届きますので、商談もスムーズで成約しやすいと思いました。

――ウチコミ!に物件を掲載してから問い合わせまでの期間、また成約までの期間はどれくらいでしたか。

掲載してすぐに問い合わせがきましたね。その後も3件ほど問い合わせがありました。そこから内見、成約まで1カ月半ぐらいでした。こんなに早く決まると思っていなかったので、嬉しかったです。

――今回は、ペット飼育についてのやりとりがあったようですね。

この物件の周辺には地域猫がいるんです。今回の入居者さんは元々猫を多頭飼いしている人だったので、問い合わせがきた時点で「この人だったら地域猫の面倒もみてくれるのでは……」と思いました。地域猫が物件に出入りしていることを伝えたときも快く受け入れてくださったので、ほかの問い合わせをしてくださった人には申し訳なかったのですが、この人に決めました。

――オーナーの希望も受け入れてくれる入居者とマッチングできたのですね。

今回の入居者は生活保護の人でしたが、生活保護だと家賃は公費負担となるため、考え方によっては個人に対する賃貸よりかは家賃滞納の心配もなく、不安は保証会社の審査以外特にありませんでした。エージェントの対応も丁寧で分からないことは分かりやすく説明していただいたので、ありがたかったです。

――最後に「ウチコミ!のここがいい」というところをお聞かせください。

オーナーが自ら自由に物件情報を掲載できたり、直接入居希望者と話ができるのはすごくいいシステムだと思っています。従来の賃貸募集の仕組みだと不動産屋任せの部分が多いので、今後はウチコミ!のようなサービスが主流になっていくのではないかと思っています。

――吉田オーナー、ありがとうございました。

↓ ウチコミ!でいますぐ入居者募集  ↓

 

【ほかの賃貸募集成約事例ファイル】
デザイン性のあるリフォームで“出世部屋”に!? 素敵な入居者が集まるコツとは
情報収集力・論理力・行動力・分析力…そして人間力で賃貸経営を行う若き事業家
どうすれば早く入居付けができるか 入居者目線のリフォームで成約へ
『空室待ち』から成約へ 物件を気に入って待っていてくれる、こんな嬉しいことはない
賃貸住宅オーナー兼一級建築士、物件の魅力を最大限に伝えられることが“ナカナカイイ”

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸募集成約事例ファイル 担当編集

「賃貸募集成約事例ファイル」では、賃貸物件を所有する大家さんが直接入居希望者を募ることができるウチコミ!を活用し、実際に成約した事例や、ちょっとしたアイデアで空室が解消された事例などを紹介していきます。それぞれの工夫や取り組みが、賃貸経営に悩めるオーナーに対して少しでも参考になればと思います。

ページのトップへ

ウチコミ!