賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

賃貸募集成約事例ファイルーーコロナ禍 遠方からWeb内見で賃貸借契約

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

「賃貸募集成約事例ファイル」は、賃貸物件を所有する大家さんが直接入居希望者を募ることができるウチコミ!を活用し、実際に成約した事例を紹介するコーナー。今回はコロナ禍のなか、部屋探しを行い「メゾン櫛引」に入居を決めたを山崎さんと、そのメゾン櫛引のオーナーである糟屋さんに話を聞いた。

WEBで内見、完結できるような仕組みを探していた(入居者・山崎さん)

――今回、引っ越しされた理由は?

山崎さん(入居者):中国地方から埼玉県に転職が決まったため、引っ越し先を探していました。早めに動いていたこともあって、不動産屋会社に行っても(コロナ禍のため)まだ紹介できないとお断りされてしまっていたんです。調べているうちに、大家さんと直接やり取りできるウチコミ!の存在を知りました。

――なるほど、新型コロナウイルスの感染が拡大しているこの時期の引っ越しは大変でしたよね。

山崎さん:そうですね。Webで内見できるだとか、Webだけで完結できるような仕組みがあれば利用したいと思っていて、なければ諦めようと思っていました。

――それで「Web内見」や「IT重説」(テレビ会議などを活用して行う、賃貸借契約における重要事項説明)ができることを条件にしていたのですね。

糟屋オーナー:お問い合わせが来たときにIT関係にお勤めの方なのかな?と思いました。入居者さんから言われることはなかったので。

――元々ウチコミ!でもWeb内見のお問い合わせはあったんですが、この時期一気に増えました。実際にWeb内見を体験してみていかがでしたか?

山崎さん:エージェント※があらかじめ室内の採寸をしてくださっていたので、Web内見中は部屋を見ることだけに専念できました。
※ウチコミ!で内見・契約業務などを安心・安全・円滑にサポートする不動産会社

――Web内見のご希望があった際、エージェントと打ち合せされたのですか?

糟屋オーナー:はい、Web内見を対応して貰えるか確認してお願いしました。他のサイトでも並行して物件を自ら募集しているのですが、ウチコミ!はあいだにエージェントが入ってくれるので物件が自宅から遠い私には助かっています。

きめ細やかなメッセージ対応 意識すべきは丁寧さと誠実さ(糟屋オーナー)

――メッセージのやり取りもきめ細かく対応されていましたよね。

糟屋オーナー:遠方からということもあって、極力ご要望にお応えしなくてはと思い、調べられることや管理会社を使って分かることはお答えしていました。

山崎さん:コンセントの写真を送っていただけたのはすごく助かりました! 入居確定後、最初に管理会社へ連絡したんですが、確認を断られてしまって。糟屋オーナーにお願いしたらご対応いただけたので嬉しかったです。やった、助かった~って。他にも、室内写真の撮影をお願いしたら送っていただけたので「この大家さんはかなり信頼できる」と思いました。

糟屋オーナー:よかったです。

山崎さん:不動産屋会社に見に行くときは、聞く内容をあらかじめメモしておくのですが、ウチコミ!のメッセージだと思いついたタイミングですぐに聞けるので聞き逃しがないのもよいです!

糟屋オーナー:LINEと同じような感覚でやり取りできるのでラクですよね。質問に回答したくても不動産屋会社が電話に出ないこともあるので、直接回答できればお互い話も早いので便利だと思います。

――糟屋オーナーがウチコミ!で募集する際に気を付けていることはありますか?

糟屋オーナー:単純ですが、お問い合わせされたことには早く回答すること。何事もそうですけど丁寧と誠実さですかね。文字は無機質なので、その人が読んだときの感情によって読み取り方が違うと思うんです。こちらにそんな意図がなくてもすごく腹立たしいメッセージと思われる場合もあるので、どんなときでも失礼のないようにしなくては、とメッセージを打つときは意識していますね。

山崎さん:質問に対して番号を振って回答していただいたり、すごく分かりやすく丁寧に答えてくれました。

糟屋オーナー:私は逆に質問の仕方が上手だなって思っていました(笑)。箇条書きで質問をくれたのですごく回答しやすい質問の仕方でした。

初期費用は想定していた金額より半分程度安くなった(入居者・山崎さん)

――初期費用の方はいかがでしたか?

山崎さん:だいぶ安くなりました。不動産会社に行って探したらこのくらいかかるかな?と想定していた金額より、半分くらい安くなりましたね。

――大幅に費用を抑えられたんですね。糟屋オーナーは通常の初期費用のほかに別の安いプランをご用意していましたが、ご自身で考えて始められたんですか?

糟屋オーナー:経験上、ウチコミ!でお部屋を探される方は初期費用を気にされるだろうと思い、初期費用の段階でハードルを下げるにはどうしたらいいかを考えて始めました。

大家さんの立場からすれば、入居時に高額の費用を頂くより、長い期間入居してもらえる方が良いんです。なので、分割して上乗せすることで一時金の膨れ上がりをなるべく抑えて平坦にしてあげる方がいいのかなと思っています。


和気藹々と談笑する糟屋オーナー(左)と山崎さん(右)

――初期費用は引っ越しのネックになりえますが、そこが解消できれば引っ越しのハードルもだいぶ下がりますね。

山崎さん:今回は、初回家賃支援も利用できたのですごくタイミングがよかったですね。


ウチコミ!で実施した家賃の半額相当を支援する「新型コロナウイルスの影響に伴う初回家賃」(2020年6月1日~30日)

メリットは「人となり」が分かること(糟屋オーナー)

――入居希望者さんと話せることでどんなメリットを感じましたか?

糟屋オーナー:「人となり」が分かることですね。入居希望者さんと直接話すのは基本仲介に入る不動産会社なので、誠実な人なのか、いい加減な人なのか、メッセージの受け答えで大体知ることができるのはメリットですね。

――人伝いではなかなか分からない部分ですよね。

糟屋オーナー:直接会うことになるとは思いませんでしたけど(笑)。もし、何か困ったことあれば直接私に言ってもらえれば対応しますよ! ウチコミ!のメッセージを通してでも、後でLINE交換してもいいですし。

山崎さん:じゃあ後でお願いします(笑)。交換しましょう!

糟屋オーナー:やっぱり物件について分かる人が居ると安心しますね。例えば、共有スペースの電球が切れていても大家さんは毎日物件に行かないので分からないんですよ、行ったとしても大体昼なので気づかないことも多いんです。管理会社が月に1、2回物件に行っても、そのとき見なければ分からないですよね。入居者さんが「生活してみないと分からないこと」を教えてくれるとすぐに手配できるので助かります。

「ゴミが散らばっている」とか「自転車の置き方をうまくやってない人がいる」とか、そういう細かいことを潰していくと建物全体が綺麗に保たれるんです。大家としてはそういう形を望んでいるので、言ってもらえるとありがたいですね。


――糟屋オーナー、山崎さん 本日はありがとうございました!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸募集成約事例ファイル 担当編集

「賃貸募集成約事例ファイル」では、賃貸物件を所有する大家さんが直接入居希望者を募ることができるウチコミ!を活用し、実際に成約した事例や、ちょっとしたアイデアで空室が解消された事例などを紹介していきます。それぞれの工夫や取り組みが、賃貸経営に悩めるオーナーに対して少しでも参考になればと思います。

ページのトップへ

ウチコミ!