住む+仕事、生活をカスタマイズできる新しい形、パザパ

2017年4月26日取材 1/1ページ

Pasapas(パザパ)にて大屋さんとウチコミ!宣伝部

今年の2月。西八王子駅から徒歩15分、大通りの角地に不思議な建物ができました。セメント・砂利・土を混ぜて出来上がった黄土色の外壁。まるでおとぎ話に出てくるような夢のような建物です。 この建物の中をのぞいて見ると、色とりどりの花が咲く中庭があります。

「パザパへようこそ」 建物の中からひょっこり現れたのは、オシャレなキャップをかぶった30代くらいの男性。 物腰の柔らかい話し方をするこちらの男性は、「パザパ」の大家さんでした。

「パザパ」渡邊オーナー
「パザパ」渡邊オーナー

住居にする?店舗にする?それとも両方?自由にカスタマイズできるパザパ

あかね『パザパ』とは変わった名前ですね。どういう意味があるのですか?

渡邊オーナーPas a pas(パザパ)とは、フランス語で『のんびりと』という意味です。

あかねこちらの物件は、住居の他に事務所・店舗の利用ができるんですよね。どのようなお店が借りているのですか?

渡邊オーナーコーヒーの焙煎店、エステサロンが入っています。また妻が開いているブリザーブドフラワーのワークショップなどもありますよ。

あかねなるほど。住まいに店舗が入っていると入居者さんにとっても便利ですよね。しかしパザパでは、ただお店が入っている・・・というわけではなさそうですね!

渡邊オーナーパザパの最大の特徴は、中庭があることです。入居者さんが共有スペースの中庭を自由に利用することができます。各部屋には、玄関の他に中庭に続く勝手口が一つ付いています。

あかね気軽に外に出られる勝手口を作ることで、共有スペースである中庭が生活の一部になるような仕組みですね。ちょっと外でくつろいだり、気持ちが良さそう。

中庭には、美しい植栽。ベンチやテーブルも設置予定
中庭には、美しい植栽。ベンチやテーブルも設置予定

あかねそして、勝手口を店舗専用の入口として使えば、部屋は店舗空間になるわけですね。

渡邊オーナーそうなんです。勝手口からは、広々としたリビングが見渡せます。入居者さんとお客さんとの距離が縮まるように、あえて壁で区切らない設計にしたんです。もちろん住まいと店舗をはっきり分けたい方は、パーテーションをおいてもいいですよ。店舗にする人、住居にする人、あるいは両方。空間を自由にカスタマイズできます。

あかね家とは別に、テナントを借りてお店を開くのはとても費用がかかります。それに比べてパザパでは、テナントに比べリーズナブルな家賃で借りれますね。しかも住居として兼ねられるとするとお得感があります・・・!

人の輪を生かした住居+店舗、集客いらずの仕組み

渡邊オーナーは、「中庭」を通して、アパートの住人や地域の人々が楽しめる仕掛けを作りました。

渡邊オーナー中庭では定期的にイベントをします。これからの季節は夏祭りやバーベキューなどもできればいいなと思っています。僕や、入居者(各店舗の方)さんが自由に提案しあってイベントを行うんです。もちろん企画が苦手な入居者さんは、他の方が企画したものに参加するだけでも大丈夫です!

あかねいいですね~! パザパに住んでいる人しか参加できないんですか?

渡邊オーナーパザパだけではなく地域の人も参加してOKですよ。むしろパザパの入居者さんが知人を招き入れ、人が人を呼び地域を賑わせてほしいと考えています。実際に先日パザパで行った食事会では、近所の方もたくさん来てくださいましたね。

あかね中庭の勝手口を開けたらすぐにイベントに参加できる。ご飯を持ち寄ったりしてランチ・・・想像しただけでも楽しそうですね!

渡邊オーナーもちろんイベントがない時には、中庭でゆっくりくつろいでいただくのも結構です。コーヒーの焙煎店も入っているので、コーヒーを買って中庭でお茶をしてもいいですよね。

あかねパザパの入居者さんがふらっと買い物をしてくれるなど既に固定客がいるのは、店舗利用の方にとっては、この上ない強みですね。しかも中庭でのイベントを通して、外から人が入ってくる導線もあります。無料でお客さんを集客できるから集客費用も0円ってことだ!

コミュニティを築きながら、人の力を使った集客効果はかなり期待できそうです。

左:あかね 右:渡邊オーナー インタビュー中
左:あかね 右:渡邊オーナー インタビュー中

「地域を活性化させたい」大家さんの思いを実現したパザパ

渡邊オーナーパザパに店舗を導入したのは、この地域を活性化させたいと思いがありました。西八王子はまだまだ活性化されていない商店があります。西八王子駅はベッドタウンなので、分譲マンションや戸建てが多いんです。しかし住宅地だけが増えても、お金を落とす仕組みがなければ、街の活性化には繋がりません。パザパをはじめに、住宅地におしゃれな店舗が入ることで、みんなが集まってくる場所になればいいと思いました。

パザパの周りは住宅地です。果たしてこちらに人は集まってくるのか、店舗利用の方にとっては疑問に思うところですよね。 しかし実は、以前からこの場所は人が集まってくる場所だったようです。

渡邊オーナーこの土地には、もともと古いアパートが建っていたんです。そして二つ隣くらいに町会の会館があり、そこが主体で地域の文化祭の展示を年に一回やっていたのです。あるときアパートにも展示をお願いしたいという依頼がありました。交差点の角地で目立つ場所にあるので、広告の意味でも展示をしたかったそうです。それから3、4年間は展示場所としても使っていただいたんです。実際に呼び込みも成功しており、いろいろな人が見に来ました。それ以降は選挙事務所になったり、コインパーキングにもしましたが、どれも集客は上々でした。今年の6月には、パザパから車で10分ほどのところに大型のショッピンモールもできる予定なので、便利になります。外からのお客さんが集まりやすくなると思います。

もちろん「住居」としてのパザパも魅力です。 古着やアメリカのファッションに興味がある渡邊オーナー。パザパには、渡邊オーナーのこだわりが散りばめられています。

渡邊オーナー内装は全て僕が考えた感じです。内装でもコミュニティを意識した作りになっています。

あかねコミュニティを意識してデザインしたところはどこですか?

渡邊オーナーUSA古材でできたアイランドキッチンです。アイランドキッチンはちょうど一周できますよね。広々としているので家族でキッチンを囲って料理をしたり、食事の準備をしたりできますよね。古材なのでちょっとしたささくれがあったりということはあると思いますが、見方によってはどうしたら怪我をしないようにできるかな?とお子さんの教育の部分にも繋がっていくと思います。

木のぬくもりを感じるUSA古材を使ったアイランドキッチン
木のぬくもりを感じるUSA古材を使ったアイランドキッチン

あかね床の雰囲気も、キッチンの雰囲気とマッチしていて素敵ですね。

ムクでできた床。素足で歩くと気持ちがいい
ムクでできた床。素足で歩くと気持ちがいい

渡邊オーナー床はムクです。サッと削っていて、アンティークな雰囲気を出しています。そのあとでホワイトのオイルステインを二回塗っているんです。既製品が入ってしまうと、せっかくのアイランドキッチンの柔らかい雰囲気がなくなっちゃうので、床も素材にこだわりました。あと幼少の頃から住んでいた家の床は、ムクと畳でした。素足でムクの感触を感じながら育ってきました。その影響もありますね。

あかね洗面台の台や、鏡の枠もUSA古材を使っているのですね。トイレも床もレトロで可愛い雰囲気です!

渡邊オーナーお友達が泊まりに来た時も困らないように、トイレは、洗面所・お風呂場からは分かれていますよ。

トイレとレトロな洗面台 飾らなくてもお客さんに自慢できる
トイレとレトロな洗面台 飾らなくてもお客さんに自慢できる

あかね大家さんのこだわりが細部まで詰まったオシャレなお部屋。店舗として利用する方もそのまま使えちゃいますね~!

渡邊オーナーそうですね。ただ入居者さんには、好きなようにカスタマイズして自分の空間として楽しんで住んでもらいたいと思っています。例えば、ここにDIYで棚をつけたいということであれば、まずはどんどん相談してください!

左:こだわりのスイッチ 右:ペンダントライトも部屋に合うものをオーナーがチョイス
左:こだわりのスイッチ 右:ペンダントライトも部屋に合うものをオーナーがチョイス

状況に応じて開放も! メリハリを付けたセキュリティ対策

あかね住居として住む人にとっては、日常的に多種多様な人が中に入ってくるというのは不安な面もあると思います。その点はいかがですか?

渡邊オーナー普段はオートロックですので、目的のない状況でパザパに入ることはできないので安心です。イベントの時などは開放するなど、メリハリをつけています。

あかねそれは安心ですね。

左:オートロック 右:入口
左:オートロック 右:入口

渡邊オーナー防犯のために閉鎖するだけでは、安全とは言えません。小さい頃、祖母に連れられてよく長屋に行きました。長屋では住人同士のコミュニティができていました。 大人の目や地域の目があることこそが治安につながります。

あかねなるほど。入居者さん同士コミュニケーションをとることで、災害時なども協力し合えたり、入居者さん同士のトラブル防止にもつながりますね。

渡邊オーナーはい。賃貸経営を行う上で、私が一番意識していることは、コミュニティを築くということです。入居者さんからのお願いや困ったことなどを伝える先は不動産会社ではなく、まずは窓口を大家の私にしています。入居者さんと普段からコミュニケーションをとり信頼関係を築いていくことで、気楽に相談できる関係を大切にしています。

そんな渡邊オーナーの人柄がつたわるエピソードは、隣人の騒音について入居者さんからクレームがあった時のことです。 隣人の方は仕事が遅く夜に帰宅してからテレビを見ます。その音が入居者さんは気になってしまい「隣の人のテレビの音がうるさいんです」と渡邊オーナーに連絡がありました。隣人の方に事情を説明し、渡邊オーナーは、「もしこれでよろしければ・・・」と言って「ヘッドフォン」をプレゼントしました。 ただ注意で終わらすのではなく、お互いが「気持ちよく」住んでもらうための工夫。その後、クレームが再度起きることはありませんでした。

入居者さん同士が上手くおつきあいができるように、サポートを欠かさない渡邊オーナー。 渡邊オーナーの「パザパ」であれば、のんびりと心休まる生活を送ることができそうです。

あかねパザパには、どんな人が住んでもらいたいですか?

渡邊オーナーパザパの外観を気に入っていただけたり、コミュニティの部分に共感をして住みたいと言ってくれる人がいれば嬉しいです。物件の名前の通り、のんびり過ごしてもらいたいですね。

あかね私もパザパに住んでみたい! お店を開いてみたいです! 今日はどうもありがとうございました。

渡邊オーナーとウチコミ!宣伝部

オーナープロフィール:渡邊氏
渡邊オーナーは、八王子生まれ八王子育ち、この土地を愛する3代目大家さんです。車やバイクが好きで、よく原宿や渋谷にドライブしに行きます。

今日のウチコミ!宣伝部
今日のウチコミ!宣伝部

あかね
ウチコミ!オーナーサポート室の元気印
趣味:絵画・リアクション芸
好きな色:黄緑
理想のおウチ:屋上に露天風呂が付いてる家

今回取材した物件

建物名
Pasapas(パザパ)
最寄駅
JR中央本線(東京~塩尻)西八王子駅 徒歩15分

現在募集中のお部屋

部屋
201号室
家賃
140,000
管理費・共益費
5,000円
間取り
2LDK(45.10m2
部屋
202号室
家賃
140,000
管理費・共益費
5,000円
間取り
2LDK(45.29m2
部屋
203号室
家賃
140,000
管理費・共益費
5,000円
間取り
2LDK(45.55m2