敷金・礼金とは? 広告宣伝費として不動産会社に流れる仕組み

賃貸住宅を借りる際に「契約金」といわれる「敷金・礼金・前家賃など」の費用があります。用語の説明などはどこにでもありますが、現在どの様に扱われているかなどの切り口や現在の用途で説明していこうと思います。意外と知られていない「裏の顔」の話です。

 

【敷金について】

 

敷金については、今も昔も内容はあまり変わっていません。大家さんの「家賃などの担保」という扱いは変わっていません。

 

ただ、世の中が変わってきている影響で、昔のように「3カ月の敷金」なんてケースは非常に少なくなりました。つまりは、大家さんがリスクを一手に引き受けているという事です。敷金は現在でも、大家さんが契約時から借主さんの退去時まで預かって、不測の事態「家賃滞納」や「退去時の原状回復などの精算」に使われています。

 

しかし、この敷金が不況の影響や賃貸物件間の競争などで減らされている状況があります。以前もお話ししましたが「敷金」は、借主さんの立場に立てば確かに「負担」ではありますが、退去時の精算を考えると「過度に多すぎなければ」敷金も借主さんの為になる部分があります。このように、敷金自体は「預り金の性質」なためか内容も用途もあまり変わっていません。

 

【礼金について】

 

問題は「礼金」です。もともと、礼金は「大家さんにお礼と、これから宜しくお願いしますの意味を込めた」慣習的なお金です。昔は、大家さんと借主さんも日常生活から接点も多く、今に比べると「賃貸物件の数」も全然少なかったのです。現在の世の中では、そういった意味はもはや失われたと言っていいでしょう。

 

現在の礼金は何に使われているのか?ここからが驚きの内容です。

 

結果からいいますが、ほぼ不動産屋さんが受取っています。宅地建物取引業の法律では、賃貸住宅の仲介手数料は「取引した物件の家賃1カ月分」が上限と定められています。そして、この報酬は「仲介する不動産業者が何社いても1カ月」この上限は変わりません。

 

大家さん側に立つ不動産業者が「入居募集」を行っても、借主さんを別の不動産業者が連れてきた場合、法律通りだと、1か月分を半分づつに分けるしかありません。50,000円の家賃であれば、25,000円づつです。

 

しかし、今の不動産屋さんの多くがこれでは満足しません。そこで、大家さんに交渉をします〜〜

 

「礼金を広告費としてくれるのであればより速く入居者が見つかりますよ」

 

これが成り立てば、不動産会社が2社いたとしても「1カ月づつの収入」になります。これが、現在では当たり前の様になっています。この為、不動産業の営業さんは「自分が1カ月以上の報酬を取れる物」ばかりを営業するようになっています。

 

現在の大家さんも「礼金は不動産屋に払うもの」と思っている方が大半です。借主さん、知っていました? 礼金はもはや大家さんに関係ないんです。これが現在の当たり前ですが、更に酷い業者が沢山います。

 

「大家さんに内緒で、勝手に礼金を増やして公告、入居者募集をしている」トンデモナイ物件まであります。例えば、大家さんには「敷金2か月・礼金0か月」で打合せしていても、広告では〜

 

「敷金2か月・礼金2か月」なんて事をして、借主さんから問合せが来ても〜

「大家さんが絶対に負けませんから、嫌なら他の物件ですね…。」なんて営業を平気でする業者までいます。

 

もちろん、大家さんには内緒で「礼金2か月は自分の報酬」その上、借主からも仲介手数料1カ月…。大家さんに払っていると思っていた借主さん、びっくりしていると思います。今は、大家さんでさえ「礼金を貰えることを知らない」人がいます。 これ、本当ですよ。

 

更に驚くのが、不動産業者からのインターネットの大家さんへのアドバイスなんかでも「自分の物件に1日でも早く入居者を入れたいなら、礼金などを何か月か不動産会社に払いましょう」なんていうコメントが、信じられない程たくさん公開されています。

 

不動産会社の営業マンや経験者、なんの恥ずかしげも・疑問もなく書いています。つまり、礼金は不動産会社に流れているのです。こういった裏話もインターネットの普及とともに知られつつあります。そうなってくるとどうするのが一番良いのでしょうか?

 

■不動産屋さんに頼らない賃貸お部屋探し

 

礼金は不動産会社に流れています。

簡単に言えばこの流れを断ち切れればいいわけです。不動産会社さんに頼らないで賃貸物件を見つけて契約できればいいわけです。そうすれば、たとえ礼金があったとしても、あなたの支払った礼金は本来その礼金を手にすべき大家さんに渡ります。あなたが大家さんの所有する建物に住まわさせていただくことの御礼として支払う意味のある物になります。

 

不動産に頼らないで賃貸物件を見つけられるのか?

 

結論から言えば可能です。今話したような背景もあり大家さんも変わりつつあります。「結局、礼金を不動産会社に払うなら、礼金をなくしても良い店子さんに入居してほしい」

 

と思っている大家さんが増えているのです。その結果、礼金がない物件も世の中に出回るようになってきました。そういった大家さんがウチコミ!には集まっています。不動産会社さんに支払っていた広告費を入居希望者に還元してくれています。

 

例えば初期費用をおさえたい人のために敷金・礼金がゼロ円の物件を集めた特集もあります。
他にも様々特集があります。是非見てみてください。

sr0bnr


【礼金に関しての記事まとめリンク】

賃貸契約の初期費用の計算方法

賃貸初期費用の悪慣習「のっけ」とは?(礼金)

入居希望者が受け取る「計算書」に礼金が上乗せされているケース

後から礼金や敷金を増やしてきたら即決は止めましょう

敷金(保証金)・礼金と仲介手数料〜礼金と広告宣伝費の違い


不動産経営に関してはもはや不動産会社さんにおまかせということでは成り立たなくなりつつあります。大家さんも自分で動いて集客をしてくることが大事です。しかし、これまでのシステムでは自分でできることは限られていました。そんな中出来上がったのが大家さんが自分で物件を紹介できるサイト、ウチコミ!です。所有されている物件の募集をかけることが可能です。大家さんであれば是非一度見てください。

bnr_owner5

ウチコミ!編集部
お部屋探しのウチコミ!
こんにちは。ウチコミ!編集部です。ウチコミ!のホームページをご覧いただきありがとうございます。このウチコミ!は全ての賃貸物件が仲介手数料無料、そして大家さん自身が物件の掲載をしているので直接お問い合わせができます。ぜひ掘り出し物のお部屋を探してみてください!!