管理委託契約

管理委託契約とは、賃貸物件の建物の管理や入居者管理を管理会社に委託する契約のこと、あるいは、分譲マンションの共用部分を管理するための管理組合の業務を専門の管理会社に委託する契約のことです。

賃貸物件の管理
賃貸物件の管理を管理会社に委託する際、委託できる業務は多岐にわたります。建物の管理のみを委託する場合、あるいは建物と入居者の管理を委託する場合があり、それらのなかにもさまざまな業務があります。委託については、どの業務をどこまで委託するのか、細かな契約が必要となるといえます。
詳細な業務内容として、たとえば建物の管理のみを委託する場合は、定期的な巡回、清掃、補修、入居者の退去後のリフォームやクリーニングなどがあります。入居者の管理を委託する場合は、家賃の回収、入居者からの苦情やトラブルの対応、契約更新などがあります。
賃貸物件の管理費
賃貸借契約をしたとき、借主が家賃とともに支払う費用として管理費や共益費があります。管理費は建物を管理する費用、共益費は共用部分の水道光熱費や清掃費用などをさしますが、どちらも同じような意味で使われている場合がほとんどです。
分譲マンションの管理組合
分譲マンションの共用部分を管理をするために、区分所有者によって構成される組合を管理組合といいます。管理組合の業務内容は、主にマンションの共用部分の管理です。エレベーターや電気、水道などの保守、補修などがあります。また、大規模な修繕が必要となったときなどのために、区分所有者から定期的に修繕積立金を徴収して管理をします。
分譲マンションの自主管理方式と業務委託方式
分譲マンションの管理方法は、管理委託契約をする業務委託方式と、区分所有者によって管理する自主管理方式があります。自主管理方式をとることで、管理費用を抑えることができたり、住民同士の交流を図れたりといったメリットがあります。しかし、マンションの管理をするための専門的な知識や理事会の運営など住民だけでは負担が大きいこともあり、業務委託方式をとっている分譲マンションの方が多いようです。
分譲マンションの専有部分と共用部分
分譲マンションには区分所有者の専有部分と共有部分があります。専有部分は、居住空間の室内部分をさしています。共用部分は、マンションのエントランスやロビー、廊下、階段、エレベーターなどです。ベランダや専用庭は専有部分ではなく共用部分で、居住者に専用使用権があります。
分譲マンションの修繕積立金
修繕積立金とは、分譲マンションの共用部分の修繕が必要となったときの費用を住人が積み立てるお金です。
大家さん新規ID登録はこちら
新空室対策