エクイティ(自己資本と他人資本)

株に投資を行っている人であれば、多かれ少なかれエクイティ(Equity)を提供していることでしょう。エクイティとは「株主資本」のこと。新株発行や新株予約権発行などにより企業が資金調達を行うことをエクイティ・ファイナンスと呼びます。また、借入や社債発行などによって負債=お金を借りる形で行う資金調達のことはデット・ファイナンスと呼ばれます。デット(debt)は負債を意味します。

投資家の立場から見ると、エクイティは「返済期限が定められていない資金を供与すること」です。株は売買するものであって、「株を返還するからお金を返して」というものではありませんね。投資家にとっては株価の上下が重要になるので、自分が投下した資金が利益の拡大に貢献するような投資に充当されるかどうか、監視することが必要になります。

一方、デットの場合は返済期間や金利が定められています。例えば社債であれば償還期間(満期期日)と年金利が設定されています。借入も返済期日までに返済しなければなりませんね。もし返せなければ、法律によって訴訟提起されることもあるのがデットです。

ちなみに、デット・ファイナンスで調達した資本は「他人資本」と呼ばれることがあります。返済義務があるのだから他人の資本である、というわけです。これに対して、返済義務がないエクイティ・ファイナンスは「自己資本」と呼ばれます。

エクイティでキャピタルゲインを得る
投資家としてはリターンが気になりますが、一般的にエクイティ・ファイナンスは「ハイリスクハイリターン」、デット・ファイナンスは「ローリスクローリターン」だと言われています。
先にも述べたとおり、デット・ファイナンスの場合は法律上の返還義務があります。利息も請求できるので、投資家にしてみれば回収が比較的容易なのです。これに対し、エクイティ・ファイナンスの場合は資金の返還を要求することはできません。その代わり配当を得たり、株価が上昇すれば多額のキャピタルゲイン(保有する資産を売却することで得られる収益)を得られる可能性があります。また、利息には利息制限法によって上限が定められていますが、キャピタルゲインには上限がありません。
不動産を証券化する(REITなど)場合もエクイティとデットが存在します。賃貸収入からは配当金を受け取り、物件売却で利益が出た場合は売却益も受け取れる不動産投資信託は「エクイティREIT」と呼ばれています。

(参考:Webサイト「ヒズベン!」資金調達方法の種類「デット」と「エクイティ」の違い)

大家さん新規ID登録はこちら
新空室対策